OFFICIAL Site
2017.12 18

 

このブログでは初めまして、「CODE VEIN」では

IP総合プロデューサーを担当しています

富澤祐介 と申します。

 

開設したばかりの CODE VEIN のブログですが、

富澤も機会があればどんどん執筆していければと

思いますのでよろしくお願いします!

 

「IP総合プロデューサーって何?」といった肩書

についても追々説明していきたいと思っているのですが…、

本日は何より CODE VEINの新PVが先ほど

公開されましたので!!

 

現在欧州出張中の飯塚Pに代わりまして

そちらについてご紹介したいと思います。

 

 

まずはご覧ください!↓

 

(こちらからもご覧いただけます。)

 

…いかがでしたでしょうか?

解説するのも野暮ってもんですが、今回のPVは

富澤の方で構成を担当させてもらったこともあり、

いくつかの要素をご紹介していきます。

 

 

  • タイアップアーティスト「VAMPS」によるテーマ曲

 

本PVは CODE VEIN とのタイアップをしていただいている

ロックアーティスト「VAMPS」さんの楽曲「UNDERWORLD」

に乗せて構成しています。

 

同じ「吸血鬼」という世界観を持った両者ということで、

これ以上ない化学反応が出せるはず!ということで決まった今回のコラボ。

今回のPVでもその一端を感じていただけると思います。

実際のゲームでは他の楽曲も使用されますので、是非お楽しみに!

 

 

※VAMPSさんが先日活動休止を発表されましたが本作との

コラボは予定通り実施されます。

個人的にもレヴナントのように華麗な復活を期待しています…!

 

 

  • ufotableによるアニメーション

 

続いては本PVで遂にお披露目となります、

ufotableさんによるアニメパート映像です。

 

ゲームではOPアニメーションとして収録予定と

なっていますが、その全貌公開に先駆けて一部を

PVに使用しています。

 

吸血牙装の展開シーンをはじめ、

レヴナント達のアクションの魅力、

そして各キャラが持つ魅力

アニメの形でも楽しんで頂ければと思います。

 

 

 

 

 

  • 物語のキーとなる要素が徐々に…

 

PVではいくつもの新規カットを収録しています。

ゲーム本編で語られるレヴナント達のヴェイン探索の物語は

まだまだ謎に包まれている状況ですが、いくつかのヒントが

映像の中に描かれています。

 

 

 

 

 

 

そして凶悪な堕鬼(ロスト)の姿も…

今後の情報で詳細が明かされていくと思いますので、

色々と想像を膨らませてもらえればと思います。

 

そして本編中のボイスもふんだんに使用されていますが、

中にはキャラクター未発表のものも混じっています。

 

速●奨さん? ●塚明●さん?

 

といった激渋ボイスの方々がどんなキャラを

演じているのか、今後の情報にご期待ください。

 

 

 

以上、今回は新PVに関する解説をお送りしましたが、

間もなく2017年も終わり、CODE VEINの発売年が

やってきます。開発、宣伝、プロデュース共に年末年始も

全力疾走でプロジェクトを進めていきますので、

今後もよろしくお願いいたします!

 

 

 

追伸:

今回のPVには使用していませんが、現在本作のBGMを制作

してくれている椎名豪さんからも収録の様子がちょくちょくツイートされていますのでチェックしてみてください。

 

 

 

海外での収録作業も多く、

現場の空気が伝わってきますね…!

 

つい先日ある程度まとまったBGMを一気に視聴したのですが、

本作の世界観と椎名豪ワールドがリンクし、荘厳でゴージャスな楽曲が多数仕上がってきています。

それらについても本HPなどで視聴できる機会も作っていきたいですね。

 

 

 

では。

2017.12 14

ゲーム紹介

ブラッドコード紹介

みなさん、こんにちは。

飯塚です。

 

今日はカスタマイズの要でもある『Blood Code (ブラッドコード)』についてご紹介したいと思います。

 

ブラッドコードとは… 

吸血鬼(レヴナント)たちが持つ特殊な血液型。その持ち主の特性が強く宿っている。

 

主人公はこのブラッドコードを手に入れ、切り替えることができ、その持ち主の特性を自分の力として発揮することが出来ます。いわば「職業」や「クラス」のようなものですね。

 

装備することで主人公の能力に補正がかかるとともに、様々な錬血を使用することができるようになります。

 

 

↑ブラッドコードの切り替え画面。『レンジャー』を装備した際の能力値。(※パラメータは開発中のものです。)

Code owner が「身元不明」となっていることから、これは名も知らぬ吸血鬼のブラッドコードのようです。

 

 

 

 

↑ブラッドコード『レンジャー』を装備したことで錬血「ソニックアロウ」が使用可能に。威力は低いが遠くの敵をおびき寄せるには最適。敵の殲滅よりも探索に優先した、レンジャーらしい錬血です。

 

 

使用できる錬血はブラッドコードの成長と共に増えていきます。

中には特定条件を満たして習熟させることで、別のブラッドコードに切り替えても使用可能となるものも。

 

 

↑錬血の習得画面。素材とヘイズを消費することで、新たな錬血を習得することができる。

 

 

ゲーム中では、多数のブラッドコードを入手することができます。

そこから習得できる錬血も多岐に渡りますので、いろいろなブラッドコードを強化して自分だけの組み合わせを作ることが可能です。

 

そして、ブラッドコードの特徴としてもう一つ

いつでも切り替えられる

こと。

 

 

パラメータの再割振りなどの必要はなく、切り替えてすぐに使用できるので、

攻略に行き詰ったときには、今まで育てたブラッドコードに戻したり、新しいブラッドコードを試してみたり、その場その場の状況にあったスタイルでチャレンジすることが可能です!

 

「武器」

「吸血牙装」

そして

「ブラッドコード」

 

の組み合わせで、様々なプレイスタイルを構築することができるので、皆さんもぜひ自分に合った組み合わせを見つけ出してください!

 

 

 

 

 

それでは。

 

【まとめ】

ブラッドコード
・主人公が装備できる。
・能力が変わる、錬血も変わる。
・成長させると使用できる錬血が増える。
・ブラッドコードには様々な種類がある。
・すぐに切り替え可能。
・牙装、武器と組み合わせて自分だけの探索スタイルを作ることができる。

 

 

※ゲーム画面は開発中のものです。

 

2017.12 07
みなさん、こんにちは。

「CODE VEIN」プロデューサーの飯塚です。


この度、公式サイトの更新と同時に、公式ブログを開設致しました!

 

まだまだ皆さんにお届けできていないコードヴェインの情報や開発秘話など更新していきますので楽しみにして下さい。

 

今日は公式サイトの更新情報をご紹介。今回の更新の目玉は何と言っても…

(さらに…)

«4
page top